物忘れだけじゃない!意外に知られていない「認知症の初期症状」とは?

毎回、介護にまつわる問題点やちょっと困った介護スタッフの珍行動、介護現場での珍事件などを紹介するこのコーナー。今週は、「見えないものが見えるのも認知症」という話題について紹介します。

 

「見えない何かに話しかける義母」まさか認知症だとは…

認知症というと、一般の人は、「食べたことを覚えていない」「家族や友人のことが分からない」「同じことを何度も言う」「一人で家に戻れなくなる」といった行動を想像することが多い。主に、記憶障害に関連したものだ。

しかし認知症の中には、「見えないものが見える」、という症状も存在する。認知症について学んでいる介護業界の人たちであれば、よくご存知だろうが幻覚の一種である「幻視」だ。この症状がよく見られるのは「レビー小体型認知症」である。

厚生労働省のホームページに掲載されている説明によると、レビー小体型認知症は「アルツハイマー病とパーキンソン病の特徴を併せもつ疾患」と記されている。

一般的には、認知症=物忘れというイメージが強い。しかし、レビー小体型認知症では、物忘れよりも幻視の症状が現れることが多い(特に初期の段階)のだ。
小人、子ども、虫、ヘビ、小動物、犬、猫、さらに成人の人間が見えることもあるという。

 

83歳の義母がレビー小体型認知症と診断されたAさんは、この病気を知らなかった人の1人だ。

義母はある時期から、「見えない何かを触る・押す・潰す・つまむ」「あたかも周囲に虫などが飛んでいるかのように突然手を振り払う」「ブツブツと見えない何かに話しかける」といった行動をするようになった。

Aさんは、その度に「何してるの?」「虫なんかいないわよ」「何に話しかけてるの?」と聞いていたが、義母は「○○がいた」「○○がベッドの下に…」「身体に虫が…」など、Aさんには見えない何かを「見えた」と言うばかり。
しかし義母は物忘れなどがまったくなかったため、Aさんは義母が認知症だとは思わず、結果的に受診が大幅に遅れてしまったという。

 

「幻視」の症状例と家族の悩み

インターネットの掲示板で、レビー小体型認知症についての悩みを相談しあう書き込みを見ると、

「天井から人が覗いてるとか電気がチカチカしてる等と言い出し
「猫がいる~いる~って言ってる」
「夜、寝ていると黒い影みたいな女の人が見える」
「毎日見えない誰かと会話」
「鏡に向かってブツブツ話かけてます」
「壁が割れるとか、羽のついた人がいるとか。魚がいる??とか」

など、幻視のパターンは様々のようだ。中には、

「知り合いが見える幻覚はまだいいが赤の他人が見える幻覚だと、泥棒が入ってるから警察行くとかになるのが面倒」

といった悩みも寄せられている。

先述のAさんは、その後レビー小体型認知症に対する理解を深め、適切な治療や対応によって義母の症状もかなり改善したが、一時は「義母は精神病ではないか」と、思ったこともあったとか。恐らく世の中の大半の人は、レビー小体型認知症を知らないものと思われる。
認知症により幻視が現れることがあることは、もう少し周知されても良さそうだ。

一覧を見る

関連記事

吉岡 俊昭氏と共に広島の介護全般...

広島から、介護福祉士を育てる教育機関であるトリニティカレッジ医療福祉専門学校の介護福祉学科学科長であり、 広島県介護福祉士会 会…

お知らせ

Office Introduction 事業所紹介 ...

介護に携わる事業所を紹介するコーナーを新設いたしました! 訪問介護、デイサービス、デイケア等、 介護施設の中でも、有料老人ホーム…

お知らせ

映画『ファーザー』アンソニー・ホ...

本年度のアカデミー最有力、是非介護業界の方は見て欲しい作品です。 認知症の父の視点から作られているので利用者の気持ちが解ると思い…

お知らせ

サービス付き高齢者向け住宅 光風...

サービス付き高齢者向け住宅 光風舎さんの掲載を追加いたしました。   光風舎 新館

お知らせ